2009年01月02日

休止宣言かもと言いつつ、ちょぴっと更新。


トップランナーに永作博美さんが出てたので見てたんだけど、

とてもフラットな視線を持ってる人だなーと思った。


印象とは全く違う人だった。



"ちゃんと悪も存在させたいと思ってて"

"世の中にはそんなに良い人も、そんなに悪い人もいない"


…確かに。

私も根本ではそう思ってる。

けれど、そう思えないグチャグチャしたものにかき乱されてしまうんだな。


もっとシンプルに見えたらいいんだけどね。


でもそう思えるって事は、それだけ人に恵まれてる、人との縁があるって事でもあり・・・


ただ、本谷有希子さんはほんとぶっとんでるなーと思った。

作品を見れば分かると思うけど(ちなみに、私はまだちゃんと見た事ないんだけど)


あの人は絶対壊れてる(笑)


じゃなきゃ、ああいう作品達作り出せないでしょ・・・


っていうか、作家は大方病んでますけどね。



"明るい人格破綻者"


いや〜私もそうなりたい(笑)

っていうか、目標でもある。

ファンキーな人に、ぶっとんだ人になりたいって思ってたから。


どんな不幸も、出来事も、人間関係も、ぶっ飛ばせれば。

ネガティブな人格破綻者じゃなく、ポジティブな人格破綻者になれれば。


でも、それには物凄いパワーがいるんだよね・・・


私はすぐパタンQの病弱だから・・・(苦笑)


すぐめげるから・・・(苦笑)


ほんっとに…神様がいるのなら、地位も名誉もいらないから、


何にも負けない、パワーを下さい。


そう言いたい。


あと"出来なくて当たり前"

この言葉も、そう思ってるから無理なく、自然体で生きていられるんだろうなー・・・と。


そう思えば、全て楽になれるよなぁ…


っていうか、確かにその通りなんだよね。


出来なくて当たり前。


それがぶれなかったら、何事もきっと大丈夫で、

対応もしていけると思う。
posted by one at 04:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

ある意味、休止宣言かも。



"忘れる"って生きていく上で、必要な事だなと思った。



上手い事人間出来てるなと思った。



ただ"怒り"は、料理での塩抜きの如く、抜けるのに時間が掛かる。



諦めなきゃ生きていけない。


達観しなきゃ生きていけない。


求めれば求めるほど、傷つく、悲しくなる、苦しくなる。


もういい加減、"頑張れば報われる"だなんて嘘、やめませんか。


そんな寒々しい嘘を、言葉を聞く度、

虚しくなります。



一体どうしたらいいのでしょうか。



何故、まともな人間ほど、

まともに生きている人ほど、死ななきゃいけないんですか。

"荷物"が多くならなきゃならないんですか。


無意識に無責任に、鞄の中にポイポイ荷物を放り込まれ、

いつの間にか重くなってる鞄。


いつになったら軽くなるのでしょう。


いつになったらその荷物に気付いてくれる人が現れるんでしょう。


墓場まで持って行く事になるんでしょうか。



目の前にすぐ側にドアはあるのに、

そのドアは軽くてあっけなく開くのに、

それを知ってるのに、

開けられない。


ドアの前まで行けない。


今じゃどこにドアがあるのかすら、分からなくなってる。

自分で目を塞いでいる。


ドアがあると知ったら、また"傷つくから"


傷つくだけの希望なんて、光なんていらない。


いつになったら、"再び"光に目を向けられるのだろう。



人間らしさなんて、汚くて欲にまみれてるから、

何かを傷つけるだけだからいらないけど、


自分らしさ。


それだけがあれば十分なのに、

それすら取り戻せない。

持ち続けられない。


それに気付かず奪って、素知らぬ顔をしてる人達は、


自分の事しか考えてない人達、


悲劇のヒロインぶってる人達は、


一体なんなの。


それぐらいしか言えない。



どうしたらいいんだろう。


正しい事が正しくない時代、

ねじ曲がった事が正解とされる時代、

そこに生きている人間。


それこそ諦めて、手を放して生きていけたらいいけど、、、


これはまた試練なのかな。


また暗黒の時代がやってくるのかな。


また何年も掛かるのか。



諦めなくないものなんて、ただ"一つ"だけなのに。


その一つのものすら、守れないなら、


誰かの犠牲にならなきゃならないのなら、、、



一体何なんだろうな人生って。


虚しいっていう味しか、感じなかった。

覚えられてこなかったよ。


もしかしたらこの世界に私が求めてるものは、ないかもしれないな。


求められる事はあってもね。


でもこれもまた忘れて、生きて行くんだろうな。


そうした方がいいんだろうな。


誰も辛さを抱えて生きて生きたいだなんて、思ってやしないんだから。


でもまだ少し元に戻るのに時間掛かりそう。


考えたって答えなんて出やしないけど、


もう少し考えてみる。



ごめんなさい…と書くと何だか辛くなるので、

それはやめます。


ただ時間が掛かりそう。


それだけ言っときます。



【追伸】
年賀状ですが、送りたかったら送って頂いて構いません。
うちは喪中とは縁がありませんので。

ちなみに私も住所が分かっている人に(メールなどでやり取りしてる人に)
勝手に送りつけるつもりです。

良かったら受け取って下さいませ。
posted by one at 21:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。