2008年11月21日

LOVE TO LIVEチャリティーコンサート 2008 A

やっぱりライブは楽しくなきゃなぁと思いつつ、あれがなかったら何か最後、盛り上がりに欠けていたかも。


いやいや最後『楽しかった』という言葉が出て来て良かったよ…(笑)


ちなみにイベントは、2時間45分ぐらいやってたかな。

ずっと座っていたんで、別に疲れはしなかったけど。

終わった後、ロビーでRie fuさんのHOMEを買いたいなぁと思いつつも、結局買えず…(上田さんが作ったというのに、まだ買ってないっていうね…)

ハガキの事も頭から離れず…

心配しながら、どのスタッフさんに話しかけていいのか分からなかったけど、

悩みつつ、何分間かウロウロした後、

入口に向かったら、入場する時にいたスタッフさんがいて。

目がぼやけてたんで、よく見なきゃ分からなかったんだけど(最近、眼精疲労が酷くて....)

ちゃんとハガキを渡されて(泣)
ああもう、良かった、ありがとうございます!って、

言えた言葉は二言三言で、若干早口になってしまい、噛んだりもしたけれど、

本当に本当に感謝しまくりました。

本っ当にありがとう、Love to Liveのスタッフのお兄さん。

寒さに絶え、終電逃す覚悟で貰ったサインを守ってくれて....

ただのバイト、もしくは派遣だと思うけどさ....

それでも守って(渡して)くれたんだもん。

もうこのイベントのサイトがあるなら直接、メールしてお礼を言いたいぐらいですよ、本当。

何かハガキを受け取る際、もう一人側にスタッフさんがいて、『よく覚えていたなぁ』って言われてたりもしていたけれど。

本当によく覚えてましたよ....

ああもう、リキッドとは大違い(2回目)

でもほんと、ありがとう。

これでまたこのハガキが、思い出深い、宝物になりました。

081130_0358~01.JPG



会場を出た後は、プリンスホテル周辺をなんとなーくウロウロ…(笑)

というかいや、ほんとはRie fuさんと会えたらなぁ…なんて思いながら、うろついていたのですが(爆)

案の定、会えず?(笑)

まぁ実は一昨日の事、謝れたら謝ろうかなぁなんて思っていたんですけどね…(あの後、Rie fuさんに言われた事をズルズルと引きずっていたんで)

でも結局そうなってしまったんで諦め、

帰りは満員電車に近い状態の電車に乗り(´д`)

2駅ぐらい寝過ごしたけれど、無事に帰りましたとさ。


って、そうそう。

プリンスホテルのクリスマスツリーも撮りましたな。


081121_2202~01.JPG



…あ、近かった。


081121_2202~02.JPG081121_2159~01.JPG



にしても、今年のクリスマスは、引き続きRie fuさんだなぁ…(苦笑)


今年、何回ライブ見に行ったんだろ…(あははは)



【余談】
今回スポンサーが沢山いたので(笑)
色々貰いました。

まず、もしもんグッズ。

081124_0623~01.JPG


見たら値段が書いてあってびっくり。

081124_0625~01.JPG


儲け物だわ.....


それとカイロと、勿論コンドームも。

081124_0632~01.JPG


そしてHIVやAIDSに関するパンフレットなどもあり。

081124_0637~01.JPG


一応、目を通しましたが…

ずっと自分なりにニュースを見て、AIDSやHIVについて考えていたけれど、

今回初めてこういうイベントに参加してみて、気付いた事もあったし…

あれですね、予防も大事だけど、HIV、そして、AIDSを発症してしまった後の事も大事だなぁと。

HIVに感染してしまったからといって、それで人生終わりじゃなく、今は新薬もある訳だし。

HIVを受け入れて病気と共に生きている人だっている訳だし。

正しい知識を得て、予防する事も勿論大事だけど、

HIVに感染したり、AIDSを発症した人達を、病気になってしまったからといって切り捨てるんじゃなく、

暖かく受け入れられる社会でなければ。

自分だっていつそうなるか分からないんだから。

それに確かに周りにHIVに感染したり、AIDSになってしまったという人は、いないかもしれないけれど、

これだけ先進国の中で増え続けていて…はっきり言ってこれは異常だと思う。

だって日本は南アフリカのように、貧困が原因で感染者が増えた訳でもなく、検査を受けようと思えば無料で受けられるし、

正しい知識も得ようと思えば出来る。

要するに病気を防げる、環境が整っている訳です。

なのにそれをせず、偏見だけが広がり続け…

感染した人は打ち明けられず一人悩み苦しみ、

また感染した恐れがある人も、検査を受けない為、感染に気付かなかったりで、

性行為をする度、また一人感染者を増やす事になったり…


私は人の意識を変える事って物凄く大変な事で。

死ぬまで同じ事を繰り返す、馬鹿な人っていますから。

その人間の意識をこういうイベントなんかで、簡単に変えられる訳がないと。

だってずっとこういうイベントをやったりしているけれど、実際、感染者は例年増え続けている訳で。

もし本当にHIVやAIDSをなくしたいと思っているならば、国をあげて本気で取り組まなければ、絶対なくならないし、
感染者も減らないと、そう思ってて。

かといって、別に音楽の力を信じてないかと言ったら、そうじゃないんだけど…

要するに感染の拡大を止めた国も実際ある訳ですから。

一個人としても、出来る事はあると思うし。

日本は平和ボケしてる所があるけど、平和は作らなければ生まれ得ないもので。

それと同じ事でこの問題も、もっと考えて、意識していく事。

人間は一人で生きていける訳ないんだから。

色んな人との関わり合いの中で生きている訳なんだから。

それが一番大事な事だと思う。

posted by one at 23:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVE TO LIVEチャリティーコンサート 2008 @

081121_2134~01.JPG081121_2132~01.JPG081121_2133~01.JPG


またもや気付けば、ああギリギリだなぁ…(自覚症状あまりなし)という時間に電車に乗り(笑)

品川駅に到着。

最初、ざくろ坂に行っちゃったけれど....(苦笑)

ステラボール(今回の会場)ってプリンスホテルの内側にあるのねぇ。。

いやまぁ半分気付いていたけれど…

それで息も切れ切れ、坂を上がっていたら既に列が動き出してて。

お客さん同士で番号を確認して下さいって言われたんだけど、スタッフさんが親切で、どこら辺に並べば良いか探し出してくれた。

そして、一昨日のワンマン時に貰ったRie fuさんのサイン入りのハガキの事も、

案の定、入場の際に回収してたんで(苦笑)

相談したら(サインが入ってるので持っときたいんですけどって言ったら)

人数集計があるので、イベントが終わった後にまた来て下さいって言って頂き....

もう一人のスタッフの人にそのハガキを持っとくようにと言って、お願いを聞いて下さった....

本来なら回収しなきゃいけない所を…

何か今回すんごくスタッフさんが親切だった。

スポンサーが沢山いたからかもしれないけれど....(やっぱりそういう見方をしてしまう)

それでも、帽子を最後まで探してくれなかったリキッドルームとは大違い....

ちなみに今回見に行ったイベントはAIDSのチャリティーイベント。

司会が小山ジャネット愛子さんで、ライブをメインにしつつ、

AIDSについての知識、検査などの情報を挟みながら、進めていて。

まず小山さんが軽く挨拶し終えた後、一番手で出て来たのが、Rie fuさんで。

まぁ半分Rie fuさん目当て、半分イベントに賛同したので見に行ったのだけど。

Rie fuさんの衣装は、黒字に白の花柄がプリントされたワンピースと。

首にはパールのネックレス。

そして下は黒のタイツにレザーブーツ。


今回のセトリは↓の通り。


【セットリスト】
Romantic
decay
Present


今回は…MC無しの3曲立て続けの演奏(苦笑)

後で気付いた、ああRie fuさんだけMCなかったなって....(苦笑)

なので曲のみの、世界観だけをストレートに伝えた、そんなライブでしたが。

やっぱ、Presentはキますね....

ふと涙が込み上げてきましたよ......

Romanticの弾き語りも、やっぱりこぶしが若干入ってて.....(笑)

5000マイルやdecayの弾き語りもそうなんですが、Rie fuさんってどうしても、伸ばす所でこぶしっぽいものが入ってしまうんですよね。

本人もブログで言ってましたけど…

しかしあれは弾き語り上、仕方ないんじゃないかと思い…

というかRie fuさんの癖かもしれないけれど…(^_^;

あと音響が4月のワンマンと比べて、良かった。

こんなに良い音が出るんだぁ…って思うぐらい。

っていうかまぁ、あの時は本当に右端の座席だったし…

品川ステラボールって横に広い上、傾斜がないんですよね。

だから、Rie fuさんだけじゃなく、上田さんもちゃんと見れなくて(号泣)

年に一回あるかないかのフルバンドも全然見れず....

でも、今回はやや右よりだけど前から3、4列目ぐらいの位置を何とかゲットし。

Rie fuさんが近くで見れたのは良かったけれど、

やっぱり、あの時もこれぐらいの距離で見たかった…

見る事が出来てたら、上田さんの姿も…どんだけ幸せだったか…

チケット先行で買ったのに、妹の一般発売の方が良い席だったのは何故…!?

と、色んな事を思い出しておりました。

再び、悔しがっておりました。

まぁ過ぎた事ですが。。。


ちなみにRie fuさん、歌い終わった後、小山さんから色々と質問をされておりました(そりゃMCなかったですから、当たり前ですよね)


小『トップバッターという事でしたが、いかがでしたか?』

R『はい....あの一番目はすぐに.....楽になれるので.....』


小『楽になれますか(笑)』


R『…(笑)…』


その後は、歌った3曲について軽く紹介したり。

アメリカやイギリスでのHIVについて話したり(結構向こうでは、オープンに話をしてるとか。逆に検査を受けない方が恥ずかしいと思っているとか)

なーんか途中で『あれ?これスペイン坂で話してなかったっけ?』と思いましたが....(苦笑)

そんな話をしてました。


でも何かRie fuさん緊張してたっぽい....?(^_^;)

言葉に詰まってたし....

うーん…Rie fuさんって表情読み取りにくいからなぁ…


その後はRie fuさんがはけて、次の出演者まで繋ぐ為(準備が終わるまで)再び小山さん登場。

小山さんによると、イベントの応募総数が2000通あったみたいですが…

それを聞いた会場の反応が悪く....(苦笑)

てか…でも選ばれたと言っても、今回500組1000名様だから、2000名の内の…4分の1?

結構、確率高いんでない?

10分の1とかじゃないんだし…と当たったからといって、強気な事を言ってみる(爆)


ステージの準備が終わると、次に出て来たのは、河口恭吾さん。

歓声がありましたね。。。

ファンの人、結構いたみたいで…

ライブは…普通に良かったです。

というか、なーんかドラムがいないのに、バスドラの音がするなぁと思っていたら、

キーボードの人がペダルで何かを踏みながら、バスドラの音を出してたみたいで。

次の加藤登紀子さんのMCでそれを知ったんですけど(苦笑)

今じゃカホンを叩きながら足にタンバリンつけてたりしますからねぇ。

でも器用なもんだ。

キーボードだけでいっぱいいっぱいになったりしないのかしら…?

ドラムだって左右手足同時に動かすってのに…

私にゃ絶対出来ない…(苦笑)


それと河口さん、MCでは結構フレンドリーで、明るい方なんだなぁと。

ちょっと空気が沈みがちだったんだけど、

それについてMCで『今日は真面目な人が多いんですかね?もっと明るくなきゃ』と触れて、会場の雰囲気を軽くしてたり。

ちなみに河口さんは、HIVの検査を毎年、健康診断のオプションでついてるので、それで受けているそうで。

そんな事もMCで話してました。


河口さんが終わると、次に出て来たのは加藤登紀子さん。

河口さんが加藤さんの事を呼び込んで。

そのまま二人でトーク、そして、セッションを。

ちなみにトーク時、加藤さんが『桜聞きたくなっちゃった』とか言ってましたが....(苦笑)

私も同じ事思ってて。

でも、結局時間も限られているって事で実現ならなかったんですけど…

セッションが終わったら、河口さんがはけて、

次は加藤登紀子さんのライブ。

もう流石ベテラン中のベテランと言った感じ。

堂々としたステージングにMC。

曲も右左と移動し、お客さんの側に寄っていったり。

何かお客さんに、語りかけているようなライブだった。

MCで今回のこのLove to Liveのイベントは去年から参加してて2回目だと言っていたけれど、ベテランだからといって若者がやっているイベントを避ける訳じゃなく、

むしろ積極的に参加してて、そういう柔軟な姿勢も良いなと思ったし。

あのお年であの声量が出るのもまた凄い事で。

曲にまつわる戦争話も聞けた事も、私がよく行くライブじゃなかなか聞けない事で。

そういうのも半分寝ながらも(睡眠不足だったもので・苦笑)刺激になりながら、

若々しいなぁと思うのと同時に、まさに加藤さんの歌のような、レボリューション(革命)だなと。

毎年、毎年、様々なものが確実に変わっていって。

それをちゃんと見ている人なんだなぁ…と。


あと、あれだけ続けられるのも本当に凄い事だと思うねぇ。。。

堂々としたステージングの事も。

ただただ何か凄いなーとしか言えないんだけど…(苦笑)

でもまぁそんな感じだったので、ライブも勿論、スタンディングありーので盛り上がり。

加藤さんが終わった後、次に出て来たのは…再び小山さんと今回のスポンサーの方々(笑)

クイズ形式でHIVやAIDSの事について話してました。


オカモト株式会社の人の話が分かりやすかったなぁ。

結構、ざっくばらんな話し方で…(笑)

今まで思っていた事も、改めて考え直したというか。

話が分かりやすかったんで、情報が頭の中に入ってきやすかったというか。

でも、ああいうのって向いてる人と向いてない人っていますよね…

そのコーナーが終わると次は谷村奈南ちゃん。

実は今回、Rie fuさん以外初めて生で見る人ばかりで、奈南ちゃんもその内の一人だったんですが。

テレビで見るよりも、まぁ可愛い。

へそ出しルックで若さ弾ける感じ。

バックダンサーを5、6人引き連れ、一番パワフルなステージ。

あれだけ歌えれば(踊れれば)凄いんじゃないかなぁ。

案の定、息切れてたけど....(笑)

若干、今までのイメージが覆された感じ。

いや良かった。

やっぱ生で見なきゃ、その人は分からない。

奈南ちゃんも大阪出身のせいか、人懐っこい一面があって(お客さんが名前を呼んだら手を振ったり、振り向いたりしてて)


…まぁRie fuさんはそんな事しない人なんですけど……(そういう性格だって分かっているんですけど…)

てかむしろやってくれるんなら、そういう事やって欲しいって思いますけど…!

でもやっぱああいう、向こうから問い掛けてくれたり、ちゃんと返事を返したりしてくれたりすると、

ファンって自ずと嬉しくなるもんですよねぇ…


谷村奈南ちゃんのステージが終わると、小山さん再び登場。

ここで寄付金の贈呈式があったかな。

そして、次のステージの準備が整うまで、このイベント宛に来たメールを読んだり。

検査についての案内をしてたり。

その後準備&案内も終え、最後に登場したのが、馬場俊英さん。

今回一番の歓声も飛びつつ、何か泣いちゃったな…

MCは紳士的なMCで、暖かい人なんだなぁというのが伝わってきたんだけど、

歌がねストレートで、凄く分かりやすいのですよ。

本当に何の飾りもない、素朴な感じ。

スタートラインも最後に聞けて.....

そこでうるって来ちゃって.....

人柄も最後まで残って歌を聞いてくれて嬉しいとか。

年も押し迫った中、用件があっただろうに(笑)
それでも来てくれて嬉しいとか。

お客さんの事を心配してたりして。

何かほんわかオーラがありつつも、どこか真面目な人で…
弱い立場の人の事が、よく分かる人なんだろうなと思った。

馬場さんが終わると、出演者全員ステージ上に。

加藤登紀子さんをギター担当且つ、リーダー役にしながら、最後にみんなでジョン・レノンのPower To The Peopleを。

ちなみに並び順は最初、左からRie fuさん、河口恭吾さん、加藤登紀子さん、谷村奈南ちゃん、馬場俊英さん…の順だったんですが。

小山さんが色々と話してる間に、河口さんとRie fuさんが入れ替わって、

河口恭吾さん、Rie fuさん、加藤登紀子さん、谷村奈南ちゃん、馬場俊英さん…の順になった。

でもあれは…河口さんがRie fuさんに話しかけて、入れ替えていたんだけど、

歌の関係(お互いの声を聞き取りやすくする為とか、アイコンタクトする為とか)で変えたのかなー。

というのもそれぞれ今回、女性パート(Rie fuさん&谷村奈南ちゃん)

男性パート(河口恭吾さん&馬場俊英さん)があって、その時、お互い目を見ながら歌っていたので。

と言っても、ちょーと歌の呼吸が(女性&男性共に)ずれてましたし…(苦笑)

最後に終わって、みんなで横位置列に並んで手を繋ぎ、一礼する時も、若干バラバラというか。

Rie fuさんは笑ってましたけど…(苦笑)

思えばRie fuさん、あの時初めて笑ってたかもしれないなぁ…と思いつつ、

まぁでもあれはしゃーない。
即席のチームだったから。

だけど、最後のPower To The Peopleはスタンディングで盛り上がりましたねぇ。

やっと本来の楽しい、ライブらしくなったというか(笑)

posted by one at 23:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

Romantic Release Party in LIQUIDROOMC

その後は…まだその場を離れ難く(急いでる筈なのに.....)

数分間時間があって。

二人組がRie fuさんにサイン貰ってたり、Rie fuさんと一緒に写真も撮ってた。

で、1人の人がTシャツにサインして貰おうとしてて。

『水性ペンしかないんで…』と言ったら、Rie fuさんが『それじゃあ消えちゃうよねぇ』と言ったのを聞き、

『あ、そうだった。ペンを貸すって言ったんだった』と思い出し…(笑)

ペンを貸した。

そしてその間、上田さんは駅に向かって歩き始めてて。

スタッフさん(多分、Rie fuさんのマネージャーさん)
が一回『お疲れ様でした』って言ったんだけど、
聞こえなかったみたいで(笑)

もう一度『上田さん!上田さん!お疲れ様でしたー。ありがとうございました』と言ったら。

その声に気付いた上田さん。

『…あ、ありがとう〜〜〜。こっちこそ、ありがとう』

と、コロコロ(旅行の時に持っていくバック)を引きながら(笑)

あのふんわかした、関西弁で返答してました。。。。


あの関西弁の『ありがとう』……いや勿論それも良いんだけど。

てか、むしろ、上田さんの関西弁なら何でもいいような気が…(笑)


でも何故か頭の中で、その『ありがとう』って言った瞬間が繰り返し流れ....(笑)


上田さんを見送り、目で追いつつも(私も向かう方向なので、気になりつつ)


二人組のサインが終わりそうだったんで、ペンを返して貰おうかな〜って思っていたら。

途中で『あっそうだ。
あのLOVE TO LIVEチャリティーコンサートのハガキを出そう』と思い出し。

そのハガキを出して、Rie fuさんに『これ当たったんで行きますね』って言おうとしてた。

そう、言おうとしてたんだけど…

R『(ハガキに気付いて)あ、じゃこれも(サインさらさら〜)』


私『(あ。。。。。)』


私『(まだ何も、サイン欲しいとか言ってないのに。。。。爆)』


私『あははは…(サインを受け取り)
あ、ありがとうございます。。。。。

ってか、これ(小声で)入場の際に回収されちゃうんじゃない。。かな〜〜。。(苦笑)


…っていうか多分、Rie fuさんは、せっかく待っててくれたんだからという、サービス精神で書いたんだと思う。


だけど私としては回収がね。。。心配で。。。。


それでサイン下さいって言わなかったのよ。。。


でも気を取り直して。


私『あ、これ明後日ですよね?行きます。当たったので(笑)』

とRie fuさんに一応、言っといた。


そして、まだ終電に間に合いそうだったので(一応言っときますが、この出来事は5〜10分の中で行われた事です。文字にすると半端なく長い…)

最後にRie fuさんに、

『お、お疲れ、様です(汗)(←緊張でどもる)
ありがとうございました』


二人組に、

『お疲れ様でした!じゃっ!』

と言い、ダッシュで渋谷橋へ。


そして、階段を駆け上がったものの…


どこに行けばいいのか分からんっ!!(爆)


駅どこだっけ…!?(汗)


益々、過ぎていく時間。

迫る終電。


しかし取り敢えず、あっちに降りればいいや!と勘で橋を下り。

それでも一向に駅の方向が分からず…

キョロキョロ&あたふたしてたら、さっきの二人組が同じく下りてきて。


二人組『恵比寿駅ですか?』

私『はい!(汗)』

二人組『あっちですよ!』

私『あ、あっち…(助かったー!汗)』


それから駅へ向けて、猛ダッシュ。


もう…本気で、マジで普通に呼吸が出来なくなるぐらい、

気管が痛くなるほど(気管弱いのに…)走った。


本当に苦しかった。。。


死に物狂いで。。。。


日頃の運動不足もたたり。。。

だけど、もうガムシャラ。


必死中の必死.....


靴ひもが解けても走って、走って。


二人組に『良かったですね、終電間に合って!』

と言われながらも…(笑)


それで何とか恵比寿駅に到着して…

切符も、必死で買って(頭目一杯働かせてましたよ…)


あの二人組にちゃんと最後、挨拶出来なかったな…って思いつつ。


ほぼ満員電車状態だったけど(満員電車嫌いだけど)

頑張りましたよ。

これぐらい、帰れるし、上田さんに会えたし…と思って。


だけど……

あのRie fuさんに言われた言葉。

『体調を壊すぐらいだったら待たなくていいですよ』


時間が経てば経つ程、何か怒られたような気がして…


正直、ずっと引きずってた(苦笑)


ずっと心のどこかで引っ掛かってた。


でもああやって本音を(自分が気になった事を)言ってくれた、アーティストの人っていないし…


途中で自分も馬鹿な事してるなって思っていた。

確かにこんな犠牲を払って、こんな事に必死になって....

だけど、それを踏まえた上で、十分理解した上でやってた訳で…


つまり何が言いたいのかというと....

そういう事でもしなきゃ、

何か対価を払わなきゃ(犠牲を払わなきゃ)何も得れない。

アーティストの人に会えない。

…ってこと。


それをRie fuさんに言いたかったんだけど、終電も迫ってたし、何人もスタッフさんがいたし…

何か言い出し辛かった。

上手く伝えられないような気もした。

だから言葉を飲み込んで『上田さんは、なかなか会えませんから』とだけ、

せめて言おうと思って言った。

私なりに気持ち振り絞って.....


でもね…Rie fuさんは悪気があって言った訳じゃないのよ。

それは分かってる。

でも初めて、ブラックRie fuさんの本音ぶつけられたなぁ…wwwと。。

それが嬉しくもあり(って別にMじゃないですけど)

少し苦しくもあり。。www


だけどやっぱ、言葉にしなきゃ分からないもので。

未だ消化不良な部分があるし…

この事はRie fuさんに手紙で伝えられたら、と思う一方、

でもやっぱ出待ちは、好きじゃないと出来ないと思う。

それだけは確実に言える。

あの寒空の下…あの二人組は『暇だから』と言ってたけど、でもそれは好きだから出来る事だし、

誰も好きじゃない人の為に寒空の下、それも何時間も待つ訳ない。

ましてやその為にネットカフェ(犠牲を払う)だなんて………


それを言いたかったんだけどな。

でも何か言えず…


だけどお互い終電逃さず、良かったネ!と思った。


あと今回のライブについて、何かそれらしい感想何も書いてないけど(笑)

リキッドの印象が変わるぐらいステージングが本当に良かったし、自由な発想(OPで絵を描くとか)からの構成も、

音に関してのサプライズ(上田さんの事とか、カルテットの事とか)も、

まぁ主に上田さんやカルテットの音のサプライズが利いたと思うんだけど、

それらを加えた事によって、全体的にバランスが整えられたというか、

所々で良い刺激になってて、全体を通して見た時(振り返って見た時)

良い構成だったな、

良いライブだったなと思えて。

弾き語り一本でやるのもそれはそれで好きだし、勿論良さもある。

けれど、多分品川でフルバンドでやった時よりも良かったんじゃないなぁ…


というか基本的に私、フルバンドが(録音した時の形が1番良いと)思っているんだけど、

フルバンドでやれば、良いライブになるかと言ったら、必ずしもそうじゃないから…


難しいよねぇ〜〜。


だけどその、難しい所に当てはまったライブが今回見れたから、良かったかなと。


毎月やってた弾き語りライブも、あれはあれで距離が近くてアットホームで良かったんだけどね。


つか、最後行き忘れたけどね(爆)


という訳で長々書きましたけども、これで最後っす(ほんとすんませんね・笑)


今回買った携帯クリーナーと、して貰ったサイン↓

081129_0734~01.JPG081129_0736~01001.JPG081129_0743~01001.JPG



上田さん『裏でいい?』と言っときながら、めっちゃデカく書いてますが。。。(笑)


でもとにかく、大切な思い出がまた増えた。

大切に、大切にしよう。
posted by one at 23:33| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Romantic Release Party in LIQUIDROOMB


そのMCの後、次のpresentについての話に。


R『この曲は1月20日(?)発売予定だったんですけど、より洗練したいという事で、一週間?延期になったのかな』

会場『えー!?…(ザワザワザワ…)』


R『(うーん…って表情をしながら)タイアップ?を取るのが難しいみたいで……』


…え゛。。。( ̄▽ ̄;)

タ、タイアップ…!?(爆)

いや、てかwwwwちょwwww。。。Rie fuさん。。。wwww

何も裏側を暴露せんでも。。。wwww


と思う一方、本音ズバッとRie fuキター(°∀°)ー!!と思ってる私もいたりして(爆)


R『そういう事もない…ありつつ』


…やっぱりあるんかいっ!(爆)

てかRie fuさん、会場がざわついたから気を使って、何とかニュアンスを誤魔化そうとしたよね。。。(苦笑)

でも結局、出来ず終いで(本音を抑え切れなくて)終わったよね。。。(苦笑)


R『レコード会社も色々考えてくれるみたいで』

その様子だと、そうみたいですね…


R『そんな曲を皆さんにプレゼントしたいと思います。
で、この曲は"今を大切に"という曲なんですが…
私も先とか考えたり、浸っちゃったりするタイプで。
どうしても今ある事よりも先の事を思ってしまって、今も4枚目のアルバムを作ってるのですが、5枚目の事を考えちゃって…
でもそうじゃないんだという事を、そんな自分にも言い聞かせるそんな曲です』


という訳で、最後はプレゼント、だったんですが。


いや〜やっぱええ曲やわぁ。。。

そして、この曲には弱い(涙腺が緩む・苦笑)


だけど何か最後、やっぱ弾き語りが良いなって、しっくりきたな。


曲が終わると、最後もRie fuさん『ありがとうございました〜』と言って、ふんわりと退場…(笑)

そして、丁度9時にライブが終了し。

ぴったり2時間、ライブやってた(と言ってもやや、開演時間過ぎてたけど…・苦笑)

その後は、いつもよりも早めにロビーに出て…(笑)

忘れ物に気をつけて下さいっていうスタッフさんの声が聞こえていたんだけども、

帽子を忘れてしまい......(爆)

その事をスタッフさんに言ったら、カメラを預かってる人の所(2階)まで行って下さいと言われたんで、

2階に上がり、そこで約30分ぐらいかな。

待ち続けた。

上田さんが通らないかなぁーって思いつつ(爆)
(一応すぐにアルバムを出せるよう、準備してたんだけどね…)

でも案の定、帰って来ず。

ていうかすぐ分かる場所に、あったと思うんだけど…

よく探せば見つかったと思うんだけど…

結局、ライブハウスだからさ。
待ってる間もそう思ってたけどさ。

…こういう対応するから、評判悪くなるんだよ。

てか、もしこれが財布だったら、どういう対応してくれたんだか。

なので(そういう事があったんで)…アンケートを書き上げるつもりだったんだけど、帽子の事で頭いっぱいで出せず。

案の定の結果でがっくりしつつ、取り敢えず外に出て。

出待ち決行。

今回は警備さん一人だけ。

ちなみにいつもリキッドは出待ち禁止しているんだけど…
ていうか出待ちしてる人、毎回私ぐらいなんだし、別に騒いだりもしないから、

出待ちしててもいいんじゃないかと思ってるんだけど。

やっぱり声を掛けられましたね…

なので、何気な〜くスルーしつつ(誤魔化ししつつ)
ちょっと離れた場所で、待つ事にして。

だけどかなりこの日、前日と違ってバリ寒くて。。。

寒いな〜、服装油断したかなと思いつつ、ボーッと待っていたら、

何か男性二人組がチラチラ、私の視界に入ってきて…

何やってるんだろうなぁ…と思っていたら、声を掛けられました。

『もしかしてRie fuの出待ちですか?』と。

なので『はい』とすかさず(笑)答えましたが、どうやらその人達も、Rie fuさんのファンらしく。

結局、その人達と一緒にずっと寒空の下、出待ちしてた(笑)

何か一人はこっち(東京?)の人で、もう一人は熊本から来てたそうで。

そういや、8月のライブの時も九州から来た人と一緒に出待ちしたっけなぁ…と思いつつ。

東京の人が『どうせ暇人だから待つ…』と言ってたり、

熊本から来てた人が『向こうじゃ(熊本じゃ)出待ちしない。こっちに来たからする』と話してたり。

まぁぶっちゃけ、あんまずっと話続けるって事はなかったんだけど(苦笑)

それでも、Rie fuさんの事で『出待ちっていつもこんな感じなんですか?』って聞かれて、答えたり。

ペンも水性しかなかったみたいだから、貸しますよって言ったりもした…(笑)

それで待ってる間、また警備員さんがやってきて。

その二人組と警備員さんが話出したんで、よくよく聞いてみたら、

ライブハウスの音が大きくて、よく苦情が出たりしてると言われ…

てか、それ出待ちと何ら関係ないじゃん…!!
それ言うんだったら、ここにライブハウス作らなきゃいい話なんじゃないの?と思い。

何か納得出来ない、ずれた事を言われたので、ちょっと言ってやろうかなーって思ったけど、やめた。

でも多分、その二人組も私と同じ意見だったと思う(そんな事を言ってたし)…

つか、ただガタブル寒空の下、黙って騒ぐ事もなく、待っていただけなのに…

もっとマナーが悪いファンなんているのに…何か解せないなと思いつつ、

あと今日は貸し切りの予約が入ってるから(パーティーしてるみたいだから)
出るのが12時ぐらいになるんじゃないかとも言われた。

それに対し、余計なお世話じゃ!こっちは待ちたくて待ってるんじゃ!と、思いながらも、

でも終電の時間にビビり。

ギリギリまで待つか…と思いながら、

結局警備員さん、出待ちしてる間に帰っちゃいましたねー。

会場の出入りもほとんど、なくなってましたし。

まぁ途中で警備員さんがいなくなったの、初めてだったんですけど…(苦笑)

でも段々時間も過ぎて行くだけで、Rie fuさん達が出てくる気配も一向に感じず……

入口も正面出入り口しか知らず………

ストリングスのメンバーや、レコード会社の人が正面出入り口から出て来てて、ある程度確信はあったものの、

やっぱりそれでも、途中まで一種の賭けだった。


そして、本当は終電ギリギリ所か、途中で帰ろうかなって、

自分に負けそうになり……

めちゃくちゃ寒いし……

待ってるのが一人じゃないと言えど、徐々に内心半泣きで………

途中で諦めるのもアリかなってそう思ったり。

いやダメだ。
ギリギリまで待とうって思っって、その間で揺れたり。


だけどその時…思い出した事が2つあって。


1つは何かを得るには代償を払わなければならない…という事と。

そして、もう1つは…りえさんに言われた『強く思っていれば願いは叶う』という、

私がりえさんに言った言葉。

それを思い出して…終電逃す覚悟を固めつつ、


ずっと上田さんに会いたい。

例え数分でもいいから.....

念願の握手も.....


そして、Rie fuさんにも話しかけたい.....


そう願い続けてた。


そして時間も終電に近付き…12時7分が終電だったんだけど。

もう11時45分を回った段階で、終電を逃してネカフェで始発を待とう。

それぐらい(横浜だし)どうって事ない…と思い。

お金もキャッシュカードを使って下ろそうかな…って考え始めてた。


そしたら、、、、、


これね、すんごい奇跡だと思うんだけど、、、、


12時前、11時50分ぐらいにRie fuさん達が出て来て、、、、


Rie fuさん達の姿を発見するやいなや、すぐさま私達3人はRie fuさん達の元に駆け寄りました。


私はまず上田さんから。

私『上田さんサイン良いですかっ…!?』(←若干必死)

(epochのmemory serves&ペンを渡す)

上『(黙ったまま、というかボーッとしたまま、アルバムを受け取る…苦笑)』

二人組『(スタッフさん&Rie fuさんに)サインして貰いたいんですけど…良いですか?』

私『もう終電間に合わないかもしれません…!(爆)
あっはっはっは…あ、Rie fuさんも』

(Romanticの歌詞カードを渡す)

R『どこで待っていたんですか?』

私『あそこです。寒かったです(笑)』

上『…ん…あ…これ…っ!!珍しい…!もう売ってないのに…!』

私『え?あ、そーなんですか??』

上『ほら(とRie fuさんにアルバムを見せる)』

上『珍しいなぁ……(しげしげとアルバムを見つめる)』

上『これどこで買ったんですか?』

私『アマゾンというサイトで………』

上『(アマゾン??という表情で再びアルバムを見つめ、無言)』

私『…(苦笑)…(あれ?上田さん、アマゾン知らないのかなぁ…)』

私『…あ、サイン日付と名前、入れて貰って良いですか?』

上『ああ、もちろん。
…裏で良い?(笑)』

私『(もうまた上田さんったら…!笑)
いやいや(笑)表で良いですよ(笑)』

上『えー?(笑)
勿体ないよ〜〜(笑)』

そう言うも、結局表にサインを書き始める上田さん。

でもこういう謙虚な所がまた好きなんだよなぁ…

アレンジャーなのに、自分のアルバムなのに、勿体ないって。。。(笑)


でも上田さんと私、二人で笑い合った瞬間が確かにそこにあった。。。。


上『えーっと、今日は何月何日だっけ…?』

私『11月19日です』←(いつもは日にちなんて覚えない人間だけど、必死でこの日ばかりは何故か覚えてた・爆笑)

私『ライブ良かったです(と上田さん&Rie fuさんも見ながら)』

R『あ、(ニコッと笑って)ありがとう』

上『で…(名前は)』

私『あ、〇〇〇です』

上『〇〇〇さん…っと。
…で、これどこで…』

私『あ、えーっと(苦笑)
アマゾンというサイトで……(2回も聞くなんて…そんなに珍しいのかしら…)』

私『(アルバム&ペンを返して貰い)ありがとうございます』


私『…あ、握手も良いですか?』

…とずっとし忘れていた、3回目にして念願だった握手を……

上『(勿論といった表情をしながら)あ、はい)』

私『(上田さんと握手)』

私『(やっとして貰った……)』

上『…Σあ!手冷たい!!
手冷たいよ!?』


私『(苦笑)…(上田さんと手を放す)』


上『(有り難い&申し訳ないという表情をしながら)いやぁ。。。。』


私『(苦笑)(…そんな申し訳なさそうにしないで下さい…。むしろ、こっちがこんな手で申し訳ないです…)』

私『じゃ(Rie fuさん)サインお願いします』

(Rie fuさんにペンを渡す)

上『(Rie fuさんに)手冷たいよ!?』


私『(…どんだけ驚いてるんですか?…苦笑)


R『(ペンを受け取り、サインを書きながら)…でも、体調を壊すぐらいだったら待たなくていいですよ。
ねぇ?(と上田さんに聞く)』

上『……(うーん、まぁねぇ)………』


R『自分の私生活を最優先にしてね、大切にした方が』


私『…(苦笑)……いやでも(Rie fuさんは会えるかもしれないけど)上田さんはなかなか会えませんから…』


R『いやー、いつでも会えますよ(笑)ねぇ?(笑)』


上『(爆)お前が言うか〜〜〜!?(笑)』


R『(笑)』


私『(笑)』


(間近で仲が良い所が見れた〜〜。。。

にしても本当に二人仲良い。。。)


R『(Romanticの歌詞カード&ペンを私に渡す)』

私『あ、ありがとうございます…』

posted by one at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Romantic Release Party in LIQUIDROOMA


何かもうね、二人が同じステージにいるだけで、もう.......(泣笑)


話してるだけでもう.......(泣笑)


上田さん出て来ると、奥にあるグランドピアノへ。

軽く弾いてる間にRie fuさんが上田さんについて(笑)トーク。

R『上田さんというと皆さんもご存じだと思うのですが、ずっとアルバムとか色々お世話になってて。
今も4枚目を作ってるんですけど…(上田さんの方を向いて)仕上がり、良い感じですよね?』


上『(間を溜めて)…ええ…』

R『(笑)』


…喋った…!!☆


ああ、久々に聞いた上田さんの声………


静岡のなっちゃんのライブの時は、なっちゃん話振らなかったからなぁ………


うん……っていうか、何で禎さん一言で………(笑)


R『あと最近、上田さんと言えば、ホームレス中学生のサントラも作ったんですよね?』


上『……ええ……』


Σ(@ ̄□ ̄@;)

そ、そうだったんだ…知らなんだ……

チェックしとかなきゃ……φ(..;)m


ってサントラまた作ったんですか!?wwww

今年何枚目のwwwww


こりゃサントラの上田禎と言われても、過言じゃないかも…(^_^;)


R『それと次に歌う曲、HOMEも作った時にご結婚されたんですよね?』


上『………ええ………』
(↑最後が一番溜めが長かった…爆笑)


会場『(拍手)』


上『ピロンポロンとピアノを弾く)』


…この時の上田さん、若干照れてたかもしれない…www

ちょっと笑ってたし…www

しかし、Rie fuさん、いつもなんだかんだで上田さんが出て来ると、上田さんのHOME話(ご結婚された時の話)を………(笑)

何回か聞いたなぁ、この話………(笑)と思いつつも、

どんなご結婚生活されているんだろう?とか、

Rie fuさんと上田さん仲良いなぁとか、思ったり。

色んな事が思い浮かんでは、ニヤニヤしちゃい…ま…す。。。(爆)


というか上田さんが喋ってるだけでも、そのスーツ姿を見るだけでも、嬉しいんだけども。。。(内心キャッキャッ言ってますからね。。。爆)

HOME話(上田さんの結婚話だけじゃなく制作話も・笑)を軽くした後は、

上田さんとRie fuさんでHOME。

レポをメモってたんで、ちゃんと見れなかったんだけど。。。。

本当に素晴らしかった。

二人が奏でる音を聞くだけで、触れるだけで、それだけで十分というか。。。

いや、HOME自体も本っ当に好きな曲なんだけど、

二人が音を出した瞬間、琴線が『ああ。。。』って。。。(笑)

ステージ上にいる、上田さんとRie fuさん。

二人しかいないんだけど、もうそれだけで十分。

その二人の世界観で、心を感じる演奏で、もうニヤニヤ&涙してしまう。。。

本当にこの二人、相性ぴったりだなぁって思った。

HOMEの最後も、上田さんが『ポロン♪』って付け足したりして。

その感じに…上田さんが楽しんでる雰囲気や、細やかな感性というか、上田さんのサービス精神の旺盛さを感じて。

一人、ふっと笑ってしまったり。

逐一、上田さんの仕草、音に反応してた。。。(笑)


曲が終わると再びMC。


R『いや〜〜良い曲ですねぇ〜〜〜。。。(笑)』


…本当にそーですね!(笑)


R『じゃ次はRomanticのカップリングを…』

そう言うと、次の曲のタイトルがMoney Will Love Youという事で最近の世界情勢(経済)、そして、お金について話をし出す、Rie fuさん。


R『…だと思うんですけど……お金は目に見えないものじゃん…?(笑)』


言葉に詰まって急にタメ口…(苦笑)


R『お金も愛情も目に見えなくて。でも信頼で繋がってて。もし信頼で繋がっているとするなら、私もお金に愛されたいなっていう願望がこの曲には入ってて。。。(笑)』


R『この曲にはさっき言ったようにグアムに行った時に作ったので…曲調はゆっくりです。その時のゆったりした感じも入ってるんじゃないかと。じゃそんな曲を…ギターとピアノで』


Money Will Love Youが終わると再びMC。

Rie fuさんが話出すまで、少し間が空き。

その間、上田さんがステージ中央のグランドピアノから、客席向かって右側のステージ前に移動しようとしたら、

足にランタンのコード?に引っ掛かったみたいで。


上『あ、ごめん』

R『…ん。あ、いいよ』


…どんだけ仲良いんすか!?

『あ、いいよ』って。。。

タメ口!?


R『あのー今回ステージがこういうRie fuのアトリエっぽくなってますけど…
ランタンレンタルで、シャンデリアもレンタルで…欲しいですけどね…(笑)』

R『そう。なんでじゅうたん飾ってあるのかというと、ノラ・ジョーンズに憧れてて』

Rie fuさんいわく、その憧れのノラ・ジョーンズの何かのPVを見てたら、じゅうたんが出て来たそうで。

それを見て、良いなと思ったのでステージに置いたそうな。


R『ノラ・ジョーンズと比べたら、私なんてまだまだだけど』

上『(ギターをポロロンと奏でる)』

R『…(笑)
せめてカバーしてみようかと』

という事でノラ・ジョーンズのカバー曲(タイトル忘れましたが)を。。。


しかし、やっぱりここでも、上田さんのギターが良くて。。。


体を曲に合わせ、そして、Rie fuさんを見つつ、演奏する上田さん。

帽子をきっちり被り、素敵な音を奏で。。。

スーツ姿で。。。カッコイイ。。。


曲が終わると、

R『上田禎さんでしたー』

という事で、上田さん退場。

上田さん立ち上がると、Rie fuさんに向けて拍手。

そして、はけていきました。。。


てか、演奏したのたった3曲。。。(笑)


だけども見れて良かったなと。

勘が当たったなと、そう思いつつ。

上田さんがはけた後、Rie fuさん立ち上がると、

再びステージ中央のグランドピアノへ。

decay、Feel The Sameを立て続けに演奏。

そして次のLife is Like a Boatは、ストリングスのカルテットの皆さんが登場し、

バイオリンなどを交えながら、演奏…していたのだけど。

その3曲を聞いてる間、ふと右後ろ(入口付近)を見たら、
関係者らしき人達がずらーと並んで見てて、

その人達の中に、スッと上田さんが入って来て、、、

すんごい気になった(爆)

てか、若干ドキドキした(爆)

というか上田さん、多分、Rie fuさんを見る為に出て来たんだと思うんだけど…

Rie fuさんを見つつも、サイン欲しい…!
上田さんに話しかけたい…!!という衝動に駆られ(爆)

でも何とかそんな自分を抑つつ(苦笑)

結局、すぐに上田さんはいなくなり(ストリングスの皆さんが出て来た後に、会場の奥に行ってしまった)
ダメだったんだけれど…

いやもう、やっぱり気になりますよ。。。

めっさ。。。

半分、上田さんに会いに来たようなもんだし。。。

しかも、あの素敵なスーツ姿でいられたら。。。(苦笑)

だけど、Rie fuさんもRie fuさんで素敵な世界を作り上げてた。

Life is Like a Boatが終わった後、MC。

R『ありがとうございます〜。今日は2番目のSPゲスト。ストリングスのカルテットをお迎えしますー』

R『男の人は嬉しいですよね〜。可愛い人が沢山いて…』
会場『(笑)』

R『後でご紹介しますので……第1バイオリンのほのかちゃんとは、ツキアカリエフゥライブでも一緒に演奏して。それ以来、お世話になっては、仲良くさせて頂いてるのですが…
この間は秋刀魚を食べたよね?』


ほのかちゃんと言えば、確かRie fuさんのブログにも載ってましたな…

話を聞く限り、結構仲が良さげっぽい…


R『えーそんなカルテットの皆さんと、今日はやっていきます』

その後、ツキアカリ、あなここを立て続けに演奏し…

でも何かツキアカリエフゥライブのように、あんまり感動しなかった、な……

何か部分部分、ストリングスが入って綺麗だなー、

世界観が広がってるなーって思ったんだけれど、

うーん、なんだろ…

ずっとストリングスが入れば、バンドでやれば何倍も曲の良さが増える、って思ってたりもしてたんだけど…

席の位置関係?

それとも上田さんがいなかったから…?(笑)

ああ多分、それもある(爆)

だけど恐らく…ここ何か月かずっと弾き語りを聞いてて、
弾き語りに慣れてしまった部分があったんじゃないかなと。

脳みそが弾き語り仕様になっていたんじゃないかと。

なーんか弾き語りに魅かれてる自分がいたりして。。。

最近、バンドのライブ行ってないからかなぁ…

でも上田さんがいたら、また違ったんだろうなぁ…(笑)


とまぁそんな感じで…ストリングスはストリングスで好きなんですが、聞いてました。

何かちょっぴり感動出来ず、残念だったけれど。。。

曲が終わるとMC。


R『ありがとうございます。えーRomantic Party、最後の曲にいく前にストリングスの皆さんをご紹介したいと思います』

という訳でここで4人、1人ずつメンバー紹介。

そして、次の曲(Romantic)について話を。

確かここでは…Romanticはずっと悲しいけれど美しい曲をやりたいと思っていたけど、それが本当に分かりやすく表現されている曲じゃないかなと。

そして、詞もトラックを聞いた瞬間、すぐに世界観が浮かんで…という話をしていたっけなぁ…

後半、よく覚えてないんですけど…

でもこの時、はっきりしたのは、"悲しいけれど美しい曲"というRie fuさんの言葉。

ずっと何となく、時には言葉が染み込みながら、Rie fuさんの曲を聞いてて、

どうRie fuさんの世界観を言葉で表せばいいのか、分からなかったけど…

この言葉を聞いて、確かにRie fuさんの世界観って、

まぁ何かたまに"これって哲学入ってるな…"
とか思ったりもするんだけど、それだなと。

その2面性+哲学に魅かれて、ファンになったんだなと。。。

あ、いや勿論、上田さんの事もありますけど…www

Rie fuさんの世界観は悲しいけれど、美しい世界。

何気ない事だけど、やっと表現する言葉が見つかったかな、と思う。


という訳で…Rie fuさん、一通りMCが終わると、

『今日はありがとうございました』と言って、最後の曲、Romanticを。

そして、曲が終わると『ありがとうございました〜』と言ってまずRie fuさん。

その次に、ストリングスの皆さんの順にはけていきました。

その後、アンコール。

この時のMCは、今までずっと良いライブとはなんぞや?と考え、またプレッシャーもあったという、途中のMCでも話した事を話してて。

ここでもその考え、悩み抜いた結果、今の自分を難しい事を考えずに、見て貰おう…という結論に至った、と言ってましたが。

私このMCを聞いた時、そんなにプレッシャーを感じていたとは到底思わず、

"ああ、そうだったんだな"っていうぐらいだったんですけど、

ブログを見て結構、切羽詰まってたんだな…と後から思いました。

順調に今まで何のトラブルもなく、ライブが出来たが故に、逆にそれがプレッシャーになってた…

確かに毎月やるりえふぅライブでは(10月は行き忘れたけどwww)
何のトラブルもなく…

ていうか、私が知ってるアーティストさんは、ちょいちょいトラブったりしますけどねー(笑)

目の中に衣装の毛が入って、ファンに目薬借りて一時中断とか(笑)

違う曲をPAさんが流しちゃったりとか、

マイク落として土下座とか(これは某・R央さんだけど...爆)

その他にも歌詞が飛んじゃったり。。。(苦笑)

でもその一方、Rie fuさんは確かにいつも何のトラブルもない。

しかし、それはそれでプレッシャーになったりもするもんなんだなぁ…

まぁだけど…結局みんな、Rie fuさんと同じ結論に辿り着くみたいです。

完璧なライブなんて出来やしないんだから、楽しんだもん勝ちみたいな。

ナオトさんとか、ズボとか、aikoさん辺りそうじゃないかなぁ…

なので結局…何か完璧過ぎるライブもつまらないですしね。

そういう結論で、良いんじゃないかなって、まぁライブが終わってブログ見た時ですけど、そう思いつつ。
posted by one at 23:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Romantic Release Party in LIQUIDROOM@

【セットリスト】
I Wanna Go To A Place...
MC
5000マイル
MC
Tiny Tiny Molody
Long Long Way
tobira
MC
HOME
Money Will Love You

decay
Feel The Same
Life is Like a Boat
MC
ツキアカリ
あなたがここにいる理由
MC
Romantic

アンコール
MC
Present


東横線の特急を一分違いで逃しながらも、何とか恵比寿駅に到着。

以前来た時の記憶を辿りながら、渋谷橋を探し、上り。

どこだったけなぁ…と思いながら、キョロキョロしつつ会場を探していたら、見覚えのある建物発見。


081119_1753~01.JPG


ああ、あそこだ!と思い、階段を駆け下り、会場前へ。


081119_1755~01.JPG

若干、開場時間ギリギリだったので慌ててつつも、100番台だったので、

まぁまだ多少時間あるだろうな…と思いながら、階段を上がって、

中に入ったら、ロビー(2階のタワレコの所)に結構、待ってる人達がいて。

や〜やっぱりココ空気悪いなwwwと思いつつ、実際、まだ時間もあったので、

グッズらしきものが売ってるのを見つけたので、ふら〜とそこに。

そしたら、CDは勿論予想の範囲内だったんだけど、

4月のワンマンで売ってた、携帯クリーナー&Tシャツが.....

081119_1802~01.JPG


しかし、TシャツのサイズはMサイズのみ....

男性のMはもしかして、女性のLに当てはまる?(私もギリ着れる?)とか、

一瞬賭けで買ってみようかなとか、色々考えたんだけれど。

結局、買わず。

携帯クリーナーを2個。
保存用と、使う用に買った。
ミクシィとかで誰か欲しい人がいたら、譲ってあげようかな、なんて考えつつ。

ケータイ捜査官7のシール&カードのボックス買いの為に下ろしたお金を使ってwww

予想外の出費だったけれど.....www(ライブではよくある事なんだけど...ww)

あとは、来月のクリスマスライブのチケットも隣りで売ってて。

チラシが目に入ったんで、ふら〜っとそこへいったんだけれど、

チラシを大量に貰う際www(と言っても3枚ぐらい貰ったんだけど)

お姉さんに是非、遊びに来て下さいね…と言われ。

私は一般発売で買う気だったからスルーしたんですが、

チラシ貰っていいですか?と聞いた時の対応が良かったので…

ナオトさんのワンマンの時も思ったんだけど、やっぱり優しい感じで対応してくれると嬉しいもので。

ライブハウスのスタッフって雑な人が多いっすからね。

だから評判悪かったりするんですが。

そんな事を思っていたら、開場時間になったので…一階(会場)に降りる階段付近に。

入場まで少し時間掛かるかなと思いきや、


結構番号飛ばしてて、案外早く入れたww(ビックリしたww)

なので席を取るのも前列狙えば(と言っても、3・4列埋まっていたけれど)狙えたんだけど、

一回座ってみたら、埋まりそうな予感がしたので、

右側の階段上がった所にした。

やっぱり距離よりも、見晴らしがいい所がいいかなと思ったので。

それで一旦落ち着いた後、周り(会場内)を見渡してみて.....

こんなにリキッドって狭かったんだ…と思った。

2回ぐらい来た事あるけど、あんなに狭い会場だとは思ってなかったので。

横浜BLITZよりも多分、狭い…かな。

何かAXの時のような、あんなに狭かったんだ(ステージと距離が近かったんだ)というようなイメージ。

その後は、アンケを書く為、ロビーの方が(タバコ吸ってる人いるだろうけど)
明るいだろうし、テーブルもあるだろうし、

良いだろうなと思い。

席を離れて、ドリンクを交換した後、

081119_1820~01.JPG

アンケートを書いてた。

そして、花束撮って良いのかな....と思いつつも、結局スタッフさんに聞けず。

時間が来たので席に。

結局、15分ぐらい押してスタートしたかな。

まず、Rie fuさん出て来て、何かレコードみたいなものをいじる。

すると、曲が流れ出し....

『?』と思いつつ見てたら、絵の具を溶かし、筆を手に取り、

な、なんと絵を(!?)描き始めて....


ちなみにその絵は夕暮れの中に、太陽の逆光で都会のビル群が浮かび上がってるという、オレンジ(夕暮れ)と黒(逆光のビル群)が対比したような作品。

それに(ほとんど出来上がってるものに)
Rie fuさんがちょこっと筆を足す。

そんな事を10分間ぐらいやっていたんだけども。

始める前、いつも通りに歌を歌うもんだと思い込んでたから、ちょっとビックリ。

しかし、そういえばこの間、スペイン坂にRie fuさんが出た時、今度のライブは自分の家(アトリエ)に来て貰ったような感覚にしたい、と言っていたなぁ…と思い出し。

ステージ上もよくよく見れば、なんとなーく、いつものライブとは違う感じ....

シャンデリアとか、ランタンとか…まぁMCの時に言われて気付いたんですがwww

とにかく、いろんなものが飾ってあって。

その光景(ステージ)とRie fuさんが絵を描く姿を、

ぼんやりと、意外性も感じながら見つつ、

絵描きが10分ぐらい続いたので、

このままライブが終わっちゃうんじゃないかwwwと、一瞬そう思いましたが。

Rie fuさん、ある程度、描き終わると一旦ステージ外に(普通に出て行きましたね…ww)

その後、暫く曲が流れつつも、その内ストップし。

ステージもスッと暗転。

そして、Rie fuさん、再びステージ上に上がり。

水をゆっくり一口飲んでから(マイペースだ…ww)

ステージ中央のキーボードへ。

2曲歌うと再び水を一口。

そして、MCに。

MCでは、まず軽く挨拶した後、

今日はRomantic Partyという事で(いつの間にサブタイトルをつけたの..ww)

Romanticの曲のイメージに合わせ、現実と想像を混ぜたような、そんなライブにするので是非、お座りと言う事ですが楽しんでって下さい…というような事を話してたと思う。

その後の5000マイルは…ちょいミスがありながらも、

私ずっとテンポが速いのは、緊張のせいだと思い込んでた節があったんだけれど、

そうじゃないのね。

あれはアレンジでそうしてるのね…www

だけど、あのアレンジはアレンジで好きなんだけれど、

弾き語りでずっと聞いてたからか、通常Ver.をiPodで聞くと何か遅く感じたり....

いつの間にか弾き語りが脳に染みついていたんだなぁ.....

知らず知らずの内に。


5000マイルが終わると立ち上がり、アコギをスタッフさんに肩にかけて貰い、MC。

R『今日は私の家みたいにアトリエ風に(周りを見渡しながら)...してます。
ギターとか絵とか、じゅうたんとか.....(笑)』

R『絵は今年グアムに行ったんですけど、その時に見た夕暮れがとても綺麗で。
それと東京の風景を...頭の中にある色んなものと混ぜて描いてみました....(笑)』

R『(ギターのチューニングをしながら)そう、来年また個展やりたいと思っているので…それも楽しみにしてて下さい』


そう言い終えると、次の曲へ。

Tiny Tiny Molody、Long Long Way…何か胸に来るものがあった。

特にLong Long Wayが....

いやTiny Tiny Molodyもそうだったんだけれど。

何でだろう。


というか、ライブって不思議なもので…ある曲を聞いてその時、何か胸に来るものを感じたとしても、

次も同じかと言ったらそうじゃない。

前と同じ曲を、同じシチュエーション(ライブ)で聞いたとしても、

胸に来るものを感じる時と感じない時がある。

私が冷め切ってるからかもしれないけれど.....

何かが今の自分には足りなくて。

その事に自分で気付いているようで、気付いてない…っていうか。

いや薄々心の底では分かってる、とは思う。

半分自覚あるんだけれど、半分自覚ないみたいな。

見て見ぬ振りしてるとも、言えるかもしれないけど.....
気付いた気になって、満足した気分になってるだけかもしれない。

ちゃんと見つめ直せば何かが見える筈。

何かが見えて来る筈。

それをライブという空間が、曲が、言葉が、止まっていた、いや自ら止めてた思考を、心を、何とも言えない感覚でふんわりと問い掛ける。

包み込む.....

言ってみれば、そんな感じかな。

だから何か感じる時もあれば、消化不良なライブもたまーにあるしwwwww

普通に"楽しかった"
その一言で済む…いや最後は楽しかったーと言えればそれで、ライブって良いと思うんだけれど。


私は…薄々分かってた。

そして、Tiny Tiny Molody、Long Long Wayが響いた。

そう、それだけ、それ以下でもそれ以上でもなく.....


だけど、あんまり難しく考えるとなぁ………


加えてこれ以上語ると暗く……………(苦笑)


なので話を元に戻して、次のtobira。

今回のtobiraはお客さんにコーラス参加を強要する訳でもなくwww

なんとカラオケでコーラス部分をカバー。

そのコーラスも勿論、Rie fuさんの声。

でも何か初めて聞いたんですけど、カラオケ入り.....ww
終始、綺麗なRie fuさんのコーラスが冴え渡り.....www

ずっと『はぁあ〜』とか言ってるもんだから(そりゃコーラスですらかね)

コーラスだけ聞くと何か笑っちゃいそうで....

すんません…ww

いやでも綺麗に出てましたよ、コーラス。

PAが良かったのか、位置(席)が良かったのか。

あんなにはっきりとライブで出るもんなんだろうか…と思いましたが。

tobiraが終わるとギターを外して、キーボードへ。
MC。

まず、最近の弾き語りライブについて。

ずっと弾き語りをやってると、色々と学ぶ事も多いらしく…

前までは、どこかで良いライブをやらなきゃならない…という意識があったみたいですが、

最近、弾き語りをやっていくにつれて、良いライブよりもあるがまま、ありのまま、今の自分を味わって欲しい、

それ以下でもそれ以上でもなく…と思うようになったそうで。

また、ロンドンでも弾き語りをやっていたけれど、その時とは違う事が見えたり、感じたり。

同じ弾き語りでも違うみたいで。

色んな事が分かってくるし、見えて来ると話してました。

そして、、、、その流れでここで、、、、、


R『でもやっぱり弾き語りは一人だし、全部自分でやらなきゃならないし…(苦笑)
寂しいですね…』


R『という事で、ゲストをお呼びしましょうかね。
上田禎さんー』


やっぱりキターーーーーーーーーーーーーー…………!!

読みが当たったーーーーーーーーーーーー……!!


この為に(上田さん来ると思ってサイン貰う為に)
アマゾンでepochのmemory serves買ったんですーーーーーーー……!!
(これについては後ほど説明をば)


上田さん、またもや茶色のスーツに茶色の帽子(ハット)で登場。

しかもいつものように、Rie fuさんに拍手しながら....(笑)


そして、衣装…上下合わせてるーーーー。

っていうかスタイリッシュで痩せてるし、やっぱカッコイイーーーーーー。

紳士だーーーーーーー。


…半分、内心涙目。


品川でのワンマンは、会場が横に広すぎて(席も右側の端っこで)Rie fuさん共々よく見えず……


フルバンドだったのに、よく見えず………


でも今回はよくステージを見渡せる席で……


っていうか、念願のRie fuさんライブでの上田さんですよ……
posted by one at 23:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

365日分の1日。


正直、最近ささくれ立ってます。

疲れてます。

いろんな事が嫌になります。
でもそれは生きる上で当たり前のこと。

だからずっと言わずに。

ずっと形にせずに。

言葉にしたら引きずられてしまうから。

黙ったまま。

ずっとずっと。

胸に秘めたまま、

何とか、何とか、しがみつきながら生きてます。


…何が言いたかったのでしょうか。

よくわかりません。

世の中は…よくわかりません。
分かったような。

分からない事だらけのような。

きっとその繰り返しで生きていくのでしょう。

時に勘違いしながら。

時に疑いながら。



誕生日。

また歳を一つ取った。

これから年齢を記入する時、一つ数を増やさなければならない。

365日分の1日。

必ず来る、1日。

それも、日常の内の1つ。

ただの1日。

ただの24時間。


だけども、自分が覚えてなきゃ誰が覚える。

自分が生まれた日を忘れてしまったら、誰が思い出す。


始まりがなければ終わりもない。

生がなければ死もまたない。
私は死ぬ時、無事に"土に帰れる"のだろうか。


しかし、1981年生まれの、27歳。

思えば長く生きたもんだ。

よくここまで生きれたもんだ。

いつ死んでも、

いつ消えてなくなっても、不思議じゃないのに。

毎年、そんな事を思ってる。

私は何の為に生きているのか。

何の為に年齢を重ねるのか。

極論、生きる事に意味はない。そう思ってたりする。

またそこに価値も求めてない。

ただ、"生"を受けた以上、それを"全う"するだけ。

それ以上でも、またそれ以下でもなく。

それが生命をつかさどる、生き物としての"定め"

"宿命"だとも思う。

カッコつけた言い方をするならば。

だけども、誕生日というやつは覚えてる人は覚えてるんだなと、思った。


正直、意識的に忘れようと思っていた、ここ数日。

しかし、いや忘れちゃいけないなと、そう思った。

例え誰に祝われなくとも。

自分が忘れてしまったら、一体誰が思い出す。

覚えてる。


改めて27歳。

正直、中途半端な年齢だなと。

片や、三十路に差し掛かった年齢でもあるが。

知り合いから言わせれば、え?そんなにいっちゃいましたか?的な年齢だったりも(しないかな)


しかし、私だって歳を取る。
私だって生きとる。

でも歳を取ったからと言って、何かが変わる訳などなく。
いやぶっちゃけ、肌年齢は衰える。

悲しいほどに。

体力的な事も、徐々に老いていくでしょう。

それが現実。

変わってないように見えても、変わっている事は確実に存在する。

ただそれに気付くか、気付かないふりをするか。

それの違い。

大きな違い。


私は…これからどう生きるのか。

どう生きていくのか、それは分からない。

どう生きていけばいいのかさえも。

いつも手探り。暗中模索。

だけども、根本的なものは何も変わらないでしょう。


いつも何かを求めても、簡単にいなされ、

いつも、何かをやろうとする度、微妙に上手くいかず、

つまずき、よろけながら、

結局、求めていた事の半分も得られず。

川下で、そんなかけら達を拾い集め、

また再び川上から流し始める。

そんな事の繰り返し。

誰かが拾ってくれるんじゃないかと。

誰かのアンテナに引っ掛かれば、それで良いと思いながら。

私に出来る事はそれだけ。

それしかない。
posted by one at 13:30| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

鬼玉・・・

081110_2147~01.JPG

今週からネタ送ります。


まだ一回も送ってなく、中途半端なままですが・・・


っていうかいろんなものが中途半端なんですが・・・・


今週からちょいちょい送っていこうと、そう決意しました。


ちなみに以前、annにもメールを出して読まれたりもしてました・・・


ボケメール&マジメール、頑張るぞっと。


目指せ、読まれたんだか読まれなかったんだか分からない常連!
posted by one at 21:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | なっちゃん(甲斐名都さん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WONDERFUL WORLD in スペイン坂@Rie fuさん。

081110_1851~01.JPG081110_1852~01.JPG

終わりましたよ、スペイン坂。

私含めファンらしき人、約3人。

今回トークはトークで、ほ〜と思う所がありつつ&聞きつつ。

せっかく来たのだからと、カンペもだしーの。

Rie fuさん一応読んで頷いてくれーの。

今日の撮影はガラス(観覧)側を背にしなかったので、一緒に映る事は出来なかったけど(ちょっと期待しちゃったけどさwwww)

帰る時、スペイン坂は出待ちが出来ないので、曲を聞き終わってから、

さっさと駅に向かおうとしたら、

まさかのRie fuさんがパルコ前にいてーの。

せっかくだからと思い、思わず「お疲れ様です」だの、

「アルバム楽しみにしてます」だの、色々と声かけたら、
全てマネージャーらしき人が返事しーの.......(それも全て「ありがとうございます」の一辺倒)




あんたに言ったんじゃないわ!!!!!!!



と思わず思いましたとさ。



ちなみにRie fuさんは、ただ頷くだけだったとさ。


反応が遅いのは知っているのですがねぇ。。。。


しかし、CD持って来れば良かったかなと思いつつ(っていうか持ってるCD全てサインして貰ったので、もうないんですけど)


これで少しは印象づける事が出来たかな…


いつかこの努力が報われる様な事があればいいけどね....

こういう時、誰か一緒に見に行ってくれる人がいたらなぁと思う。


もっと盛り上がる事(って相手次第だけど)出来るんだけどなー。


でも取り敢えず、まずCD(来週だったっけな)
取りに行かなきゃね。

そして、ライブも見に行ける状態にしとかないとね。


また上田さん見れそうにないのか....(苦笑)
posted by one at 19:29| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

…って。



タイマー予約、ずれてる〜〜〜〜〜!Σ( ̄□ ̄;


今日、録音出来ないやんけ〜〜〜!


±0だわ。。。_| ̄|○
posted by one at 17:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ....


何とか間に合いそうinスペイン坂(泣)


人身事故の影響で....

もう間に合わないかと、半分諦めてた....


はぁ.....良かった.....(ToT)
posted by one at 17:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Rie fuさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

ケータイ捜査官7カフェ&okuda tamio FANTA STIC TOUR OT9上映会A

とまぁそんな事があった為、結局、民生さんの上映会の開始時間が過ぎてしまい。

だけど交換出来たし(ウロウロしてなかったら、交換出来なかった訳だし)

まぁ途中から入ればいっか!と思い直し、銀座駅へ。

目的地はソニービルだったんだけど、何か隣りのビルから出てしまいましたな_| ̄|○

なのでちょい遠回りしたけれど、無事にソニービルに到着。

081108_1450~0001.JPG
081108_1449~0001.JPG081108_1452~0001.JPG


そして、着いて思ったけど....

上映中の出入り、いつでもOKだったのね.....

いやそう思ってたけど、ちゃんと確認してなかったので....(爆)


でも会場…というか、ロビーがほんっとに静かだった…

図書館並みに静かだったよ…(苦笑)

だから何か変に緊張してもうた(ΘoΘ;)

静かにしなきゃな〜みたいなプレッシャーが.....

なので気配消しつつ、そろ〜と音がする方向(ホール)へ。

そして中に入ってみたら…やっぱり後半戦に突入してた(苦笑)

人もまばらだったなぁ…

取り敢えず私は、後方の席に座ったけど。

でも腰落ち着けてから、ふと右隣り見てみたら、

サラリーマンの人が半分寝ながら、リズム刻んでたっけ…

ああ分かる、分かるなぁと思いつつ(民生さんの曲って寝れるんですよ)

次の上映は移動して、前から2列目の場所で見た。

1列目は誰も座らなかったので(多分、気を使ってくれたんだと思う)

何の障害物もなく、グッドなポジション。

そして、丸々一回見た結果、カメラワークが良いなと思った。

まるでライブハウスかのような撮り方で、その一方ともすれば(ああいう撮り方してたら)

バルコニー(指定席)の存在を忘れてしまいそうになるけど(^_^;)

ずっと見てても疲れないなぁと。

ただ編集の仕方が所々(MCから曲にいく辺りとか)
ぶったぎったような感じになってたから…

そうならざるを得ないとは言え(MCの切り方って難しいと思いますしね)
それが少し残念だったかな。

ちなみに私このDVDを持ってなくて、最高の環境で見れるという事もあり、見に行ったのですが。

今回使われていたのが、ただのスクリーンじゃなくて、

ちゃんとしたディスプレイだったので、

何インチか分からないけど、それに一番驚きましたな....

あんなに大きくても綺麗に映るんだ…と思って。

と言ってもまぁソニービルで行われた上映会だから、当たり前っちゃ当たり前だと思うんですが。

無料、途中の出入り自由ってのが良いですね。

ネットに繋がったパソコンもありましたし。

ただ2回目の上映会の時、ちょっとうるさくしてる集団がいたんで…(-.-;)

途中で帰ったけど、あの人達は一体何しに来たんだろう…

まぁだけど、本当はもうちょいいたかったんだけど(もう一回、見たくなったんだけど)

帰りも遅くなるし、あれだけ良い環境だったら、名残惜しいのは当たり前、って事で帰る事にしました。


帰る前にチラシがあったんで、それを貰って。

081108_1748~0001.JPG
081108_1748~0002.JPG


ポスターや案内も静か〜に撮って。

081108_1747~0001.JPG
081108_1755~0001.JPG


でも駅…迷ったな…(爆)


というか取り敢えず、新橋に向かったんだけど、

いつもあそこら辺(銀座とか日比谷公園とか)行くと、

帰りにガードレール下に出ちゃって、どっちに行けば一番駅に近いのか、迷って行ったり来たりする....


案内板があればね…

ある程度道覚えられるんだけどね…


多分、次行った時も帰り、迷うんじゃないかなぁ………
posted by one at 23:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民生さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ捜査官7カフェ&okuda tamio FANTA STIC TOUR OT9上映会@

てな訳で。

ずっと行こう行こうと思ってた、ケータイ捜査官7カフェ(秋葉原にあるCURE MAID CAFE)&OT9の上映会(銀座ソニービル)行ってきました。

まずは…どっちが先でもよかったんですが。

先に上映会を2回見てセブンカフェに行くと、お腹的にいい感じかもしれないけど、

そうすると帰るのがやっぱり遅くなるし、

限定メニューへの不安があったので、先にセブンカフェに行く事にしまして。

結局、どちらにせよ朝から出かけねばならなかったのですが。

カフェに着いたのが開店前(11時前)

取り敢えず、列に並び…開店時刻になったのと同時に列が動き出し。

お店がある6階まで、やっぱり階段を上がっていってww(あれ?エレベーターの話は?ww)

じみーにしんどくなりながら、お店にお客さんが入るだけ入った後も(列の動きが一旦ストップした後も)
並んでいたのだけど。

途中で『あ、やべ。名前書いてないや(汗)』と思い出し、

お店がある階まで行って、用紙に名前を記入。

希望する席(禁煙席)にも○をつけた。

そして、再び最後尾に戻り並んで待っていたら、

店員さんが来て、何かのうちわを渡され…

よくよく見てみたら、セブンのうちわにPB達ののシールが貼られてて、ここが最後尾ですよ的な事が書いてあり。

一瞬『あれ?これって軽くバイト?』って思いましたがwww

『うっわっ。これ欲しー。写真も撮りたいナー』と思うも、

階段外と店内の写真撮影は許可制になっているので(残念ながら)…やめときました。

だけどまぁ、ああいう小さなお店はお客さん参加型(お店側とお客さんでの、持ちつ持たれつ)のお店だったりする訳で。

致し方ない部分もありつつ、良いお客さんばかりでしたし。

またそういう所が(お店側と関わり合いを持てる点として)良かったりもしますから。

雰囲気もそんなに悪くなかったし…

ライブハウスで言ったら晴れ豆みたいなもんだと思うんですけど(あそこは、整理番号をお客さん同士で確認し合いますから)

その後、うちわを後ろの女子二人組に『持ちますよ♪』と言われたので(多分、店員さんの言葉を聞いてたっぽい)渡して。

その人達のヲタ会話を聞きながら(ほぼ理解出来たwww)
待つ事一時間弱。

店員さんに呼ばれるも『喫煙席なら空いてますが…どうしましょう?』と言われたので『(禁煙席が空くまで)もう少し待ちます』と言い、再び元いた場所へ。

…絶対、タバコの空気の中で食事したくなかったもんで(タバコ吸わない人間なんで)

なのでその後、またちょっと待ったけど、でもそんなに待った感じはしなかった。

ただちょっとは「まだぁ〜」とか(思ってるやないかいwww)

待ち疲れもしたけれど(オイコラwww)

あれぐらいじゃ『待った』の内に入らないよね〜と強気な事を言ってみるwww

(だってsakusakuの関内でやった、愛を叫ぶ〜のイベント時、4時間半待った事あるからさぁ…)

だけど本当にそんなに大した事なく…今思えば、初日に比べればまだマシだったかもしれないな、と思う所もあるけれど。

中に入る時、やっと中に入れるわ〜と思ったのは確かww

ついでにドア止めてたストッパーも蹴っ飛ばしちゃうしね(爆)wwww

(一番前に並んでた人&店員さんが直してくれたよ…)

なので申し訳ないと思いながら、席を案内されたのでついていくと、

壁際の席に。

本当はBGMがよく聞こえる席が良かったんだけど、やっぱり選べませんでしたね…ww

まぁ名前を記入すると分かった時点で、薄々選べないんじゃないかな〜って思ってたりもしてたんですが。

確か『網島家最大の危機』のパネルが壁に飾ってあった席で。

隣りにケイタ君が捕まって、鎖で繋がれているパネルもありましたね。

その隣りの席の上には、カード&シールがコンプされた状態で貼られてて(飾られてて)

もっと色々見て回りたかったんだけどなぁ…

何か見辛い配置で…

致し方なく、脳みそを注文モードに切り替え。

何にするか悩んでいたら(っていうか前日から考えてましたがww)

結構早めに注文を取りに来たので(そりゃそうだ込んでるものww)

まずケーキのフェイスパターンとセブンのソーダを注文。

これがメニュー表↓

081108_1200~0001.JPG


そして、ケーキが来るまでの間、周りを見渡したら、実機やDXフォンブレイバーを使って撮影大会している人多し(爆)

一方の私、なーにも持ってない。。。

っていうか、やっとカフェに来て初めてファンらしき事をしたぐらい。。。

そんなに待つ事なく来たケーキを食べ始めた時も、

周りは『食べられない〜』とか言ってて。。。

また片や、普通に食べてる私。。。

愛が足りないのかしら?と思ったとか、思わなかったとか…

だけども、やっぱりケーキはケーキだから。

食べなきゃどうする…!って事で食べてたんだけど(せっかくここまで来たんだし)

普通に美味しかったですよ。
チーズケーキで、ケーキの表面にビターなココア(なのかな)がかけられてて。

一方のソーダも確かにソーダなんだけど、そんなに甘くない、さっぱりとしたレモンソーダって感じで。

↓がまず運ばれてきた、セブンケーキ。

081108_1206~0001.JPG

↓既に半分近く飲んでしまった、レモンソーダ(笑)

081108_1241~0002.JPG



ちなみにケーキが運ばれて来た時、もう一つフェイスパターンを注文したんだけど。

それが…

( ゜_ゝ゜)カッ

081108_1241~0001.JPG


ゼロワン!!!


良かったー、セブンでかぶらないで( ̄▽ ̄;)ふー


だけども本当は、カード&シールのBOXが売ってなかったら、網島家の昼食を頼もうと思ってたんだけどなぁ。

家を出る前に食べたラーメンが消化不良を起こしてて、食べる気分じゃなかったのよね。

もう(ラーメンが)ずっと胃や腸に残ってる感じで。

だからその分、お金が浮いて助かったんだけど…

ふと気付けばいつの間にか、90分制になってた。

確か最初の何日間はそんな事してなかったと思うけどねぇ…

でも結構人数が来たみたいだし、時間制限も致し方なくやったのでしょう。

と、そういう事だったので、私は時間を目一杯まで使い、
ケーキ&ソーダを食べたり飲んだりしつつ、

アンケートを書いたり。

ボーッとつぶやきセブンを聞いたり、

店内をうろついたり。

つぶやきセブンは確か、メイドカフェに潜入して働くという話と、

『ケータイ大変だ』の曲振り、

あともう一つは聞き辛かったような…

でもメイドカフェ潜入の話は良かった。

サードのメイドが板についてる様は(って見えないんだけど・苦笑)勿論、

セブンがゼロワンに『あ、お前のソーダ(?)も飲まれてるぞ』と言ったら、

ゼロワンが『……ソーダだからな………』

と答えた、あの間がwwww

思わず吹き出しましたがな(爆)

もう、いつも思うんだけど坪井さんのあの低音ボイスと、独特の間ね。。。

何か魅きつけられるものがあります。。。。


ちなみに↓が店内で飾られてたブラブラスィング、ミニプラモデル、DXフォンブレイバー(ソリッドドライバーつき)などなど(勿論、店員さんの許可を取り撮影しました)

081108_1303~0001.JPG081108_1317~0001.JPG081108_1318~0001.JPG


トイレにもメニューが飾ってありましたな。

081108_1249~0001.JPG


何かDXフォンブレイバー(展示用の)触ってみたら、やっぱり納得出来んかったけど。。。。


本当は実機が欲しいけど、色んな理由で(とは言え主に経済的な理由かな)
買えない(ソフトバンクに出来ない)し…

その為のDXフォンブレイバーなんだろうけど、

でも顔の作りがイマイチ納得出来ないというか....

何かゴツい感じもありつつ。

まぁぶっちゃけ、撮影用の大人のおもちゃと言えばそうだと思うんだけどさ(笑)

今の所、あれじゃ買わないかなぁ…

あとカード&シールも一応探してみたけど、なかった。

若干数だけど、入荷したっていう情報を得てたんだけど。

多分すぐに売り切れたんでしょう。

まぁその分、金銭的に助かりましたけど…


しかし、そういう事があったので帰り際、レジにあったうちわ3本と、

シール&チラシをごっそり貰ってきましたwwww

ただ、シール&チラシは鞄に入ったものの、うちわが入りきらなかったので、ずっと手に持つはめになりましたが。。。(爆)

081210_0719~01.JPG
081210_0720~01.JPG

(↑帰宅後撮影。何とか無事に傷つける事無く、持って帰れました)


そして、アンケートに答えたって事で丸いコースターも、もう一枚。

丁度、丸いコースター1枚、四角いコースター2枚を貰ってたんで、ぴったりでした(丸いコースター2枚、四角いコースター2枚になったので)

いやぁラッキーだった。。(かぶるかと思ってたから。。)

081210_0719~02.JPG

(↑これも帰宅後、撮影)


カフェを出た後は、下のガチャポン館へ。

またもやここでも、お店の案内を撮りつつ(この案内、確か開店前なかったような)

081108_1349~0001.JPG

ブラブラスウィングが入荷してるとの情報を得てたので。

081108_1348~0001.JPG

081108_1337~0001.JPG081108_1338~0001.JPG


でも見つけるのに結構時間掛かった……

お店の中、グルグルグルグル……

で結局、最初2回で抑えとこうかなって思ってたけど、

3回回した。

そしたら案の定、ゼロワンがかぶってしまい。。

どうしようかなー…と思いつつ、というか誰か取り替えてくれないかなと淡い期待を抱きつつwww

民生さんの上映会の時間も迫ってたけど、ガシャポンの前に佇んでいたら、

セブンカフェに来たっぽい、親子(お母さんと男の子二人だったかな)がいて。

多分、私がいた時に入ってきた親子じゃないかなーって思うんだけど、

その男の子もガシャポンをやってて、でも何か納得いってない様子で(苦笑)

その様子を見てたら、何か知らないけどお母さんに話し掛けられ…(笑)

『交換良いですか?』って言われたんで、

『あ、はい』と答え、私がかぶっていたゼロワンと、サードを取り替えて貰いました(笑)

ちなみに取り替えて貰った後『ピンクもありますけど…』って言われたんですが、

サードが欲しかったので『あ、青でいいです』と。

でも男の子二人、それでも何か納得してなかったみたいで…(苦笑)

本当はセブンが欲しかったみたい(^_^;)

セブン見せたら、半ば持って行かれそうになったし(爆)

あと、お母さんもお母さんで『ピンク要らないんだって』と言ったり(爆)

いや確かにそうなんですけど.....(爆)

てか、フォース人気なさ過ぎジャマイカ。。。

何となく悲しかったぜよ。。。。


にしても…小学生ぐらいの男の子と、26歳のガチャポン交換。


どうこのキャパシティーの広さ?(爆)


普通に何の違和感もなく、交換したからね…
(お母さんが間に入ってましたけど)


もう自分で自分に笑っちゃいつつ、でもむしろこれで良かったりもする(笑)
posted by one at 23:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 民生さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて。

081108_1759~01.JPG


帰るか。


クリアファイル持ってくりゃ良かったなぁ。
posted by one at 18:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一応到着!


キュアメイドカフェ、開店5分前に到着。


やっぱ並んでるー。。!(笑)

そして、駅からここに来るまでコスプレしてたメイドさん寒そうだった。。


っていうか寒いよねやっぱ。。


冬物の上着着て来て、正解だったなぁ。


にしても、今日はどれくらいで中に入れるかしら…


続きを読む
posted by one at 11:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はアキバ&ザギンにお出かけ。



でも、携帯の充電が切れるのを防ぐ為(最近減りが早くなっとるのです)

更新少なめにする予定…(充電がなくなったらなくなったで、色々厄介なのですよ。だから今日の事は、帰ったらまとめて書…けたら良いな〜w←オイ)


なので今現在、ただ一言。


みんな咳し過ぎ!(電車移動中)


怖いったらありゃしない(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))(((゜Д゜;)))


マスクしましょうよ。。。(-.-;)
posted by one at 10:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

シンキングツリー点灯式。


081107_1826~02.JPG081107_1826~01.JPG081107_1826~03.JPG081107_1827~01.JPG081107_1828~01.JPG


081107_1828~02.JPG081107_1829~01.JPG081107_1829~02.JPG081107_1831~01.JPG081107_1831~02.JPG


081107_1831~03.JPG081107_1832~01.JPG081107_1832~02.JPG081107_1832~03.JPG




点灯式終了ー。


ちなみに…今回のツリーは(毎年そうだったかもしれないけど)

吹奏楽の演奏に合わせて(だからシンキングツリーっていうんですね←さっき気付いた)

ツリーの明かりが点灯する仕組み…だと思います。

っていうか、後ろで見てたので定かじゃないのです…


だけど、何かちょっと感動しましたねぇ…


良い意味で横浜らしいイベントだなぁとも思いましたし…(光の演出も含めて)


まっ、ただ吹奏楽の音を感じながら、前で見れなかったのが残念でしたが…orz


でも、NHKも来てたっぽいので(脚立を見掛けたので)

カメラも数台あったし。

その内どこかでこの様子が見られるんじゃないでしょうか?


んで…そうそう、このクリスマスツリー。

明日から毎日決まった時間に、明かりがついたり消えたりするらしっす。

今日は一回だけやるみたいな事を言ってましたけど…

それを見るだけでも楽しんじゃないでしょうかねぇ。。?

にしても…司会役のまっぴー(F横のパーソナリティー)

何か雰囲気が以前とちょっと違ってて、

暫く同じ人に見えず、辺りをキョロキョロ探してしまったけど(苦笑)

(正装していたせいかもしれないけど)

笑った顔で分かった。


でもやっぱ背高かったなぁー。。

そして、足早かった....(←何気に後ろついていった人)

私が短足だからかもしれないけど…


一旦、局に帰るって言ってたから…っていうかランドマークタワーのオフィスビル側に入っていったんですけどね。

今度、サイン貰ってみようかしら…?

メールとか番組に出しつつ。
posted by one at 20:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やー!

081107_1804~01.JPG081107_1814~01.JPG


ツリー点灯式を、自転車こぎこぎ、

汗かきかき、息切れ切れ、

見にきたぜぃ!


F横が絡んでると知ってね。。

(ちなみにここに到着したのが、始まる1分前…オホホホ…)


で、吹奏楽(Y校らしい)を見たいけど、目がぼやる、遠いって事で、後ろ(ツリー側)に回るっていう…


ちなみにまだ点灯はしてません。

もうちょい時間掛かるみたい。

にしても近くで吹奏楽、見たいなぁ。

見たかったなぁ。


後半、良かったよ。
posted by one at 18:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見事に。

081107_0708~01.JPG081107_0710~01.JPG081107_0709~01.JPG


腐れバイト先から、ゴミを片付けながらこっそり集めて来たのに、

全て外れ。


ちくじょー。。


っていうか当選率が高いのか…
posted by one at 07:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

わざわざ書くような事じゃないけど。


太田総理の再放送と。

借金がなければ、このお金を…と一瞬浅ましい事を考えた自分。

結論として、やっぱ規制緩和はいかんなと。

規制緩和すると人間調子に乗るなと。

厳しいルールの中でやっていかないと、自ら己を正す事なんて出来やしないし。

節税も自らしないなと。


ないものはない!


基本的に生活なんてそうそう変わりませんよ。

勿論、性格も。


現実見なきゃね(._.)
posted by one at 18:44| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。